Satanicpornocultshop: Orochi under the Straight Edge Leaves
■サタポ・リリース情報
the new Satanicpornocultshop's album:
Orochi under the Straight Edge Leaves
is soon out!!!

(Vivo Records)
日本国内では12月25日発売!(らしいです)→HMV

ご注文はこちら(試聴もできまする)
※読めぬ、という方はこちらにご注文ください。
nunulaxnulan@hotmail.com

前作「Zap Meemees」から3か月ぶりという脅威的スピードでサタポが7枚目のアルバムをリリースいたしました。あまりにも微に入り細をうがう反米っぷりで、殺伐ムードを炸裂していた前作から一変し、今回のテーマは超高齢化社会を迎えた経済爆死寸前社会の「老い」と「死」。世界の中心でストレート・エッジを叫ぶ若者が、やがて「老い」を迎えるというダウナーかつハイパーな老衰ストーリーです。

orochi.jpg

tracklisting
1 dream're my reality feat.frosen pine
2 meme
3 .aiff skull
4 get ur freak on feat. carl stone, dag shen ma
5 tea with red king pt.1 feat. gorvenment alpha
6 99.2142 feat. frosen pine, dag shen ma
7 porque te vas
8 dop_jod, mixing & jam session at "Cafe Rhythm" Dec 19th 2004
9 kagi
10 glow worm
11 gardening song, music for meu-meu's video plants
12 habanero, osui_nomasare: remix by conceal
13 my underwater boy
14 tea with red king pt.2 feat. gorvenment alpha
15 spoil, candy says
16 a la verticale de l'ete
17 dream're my reality, reprise feat.liftman

「永遠の若さなどない。あるとすればプラチック加工された若葉の模型だ」。
若葉の季節。少年は「おろち」と出会う。おろちはシーンの中でもいち早く世界と向き合っていきますが、少年は世界の主旨と仕組みを理解できないまま拒否し続けます。いわば、この時点でおろちは少年よりもやや早く「老い」を迎えているわけです。それを「成長」という人もあるでしょう。しかし、すべての放埓な命のスパークルは「死」の道程にしか過ぎない。やがて冒険の時間は過ぎ去り、若葉マークの少年は三十路を越え、「30歳以上の大人を拒否」したまま父親になるのです(※)。やがて若葉の下でおろちは「死」を迎え、ともに少年も自らの「老い」と向き合わなければならくなります。

※江戸時代ベースで考えれば、人間50年。平均寿命は37.8歳、Don't trust anyone over 30。日本人は世界の食料を牛耳っていい気になって、65歳以上に老齢基礎年金を給付しているが、徳川ベースで換算すれば30歳以上は老人。ともすれば人口の60%以上が受給資格者なのです。そんなの無理なのです。

「酒呑まへん、煙草も呑まへん、ドラッグも呑みませんいうたら即ネオナチ、あるいは狂人扱いか。そんな世間の一般常識とは如何なものか」

「おろち」は呑んでなんぼ。おろち三昧。
若葉マークの発言を「蒙古班的蒼さ」というか、楽しい雰囲気を台無しにする協調性の欠如ととらえるかは、おろち次第です。しかし、約7割方その一般常識は怪しい。それらのすべては男根=権力という共同幻想に彩られ、おろち産業で賑わう政府、官僚あたりのあいつらへんにマインド・コントロールされているに違いないのですよ。とにかく、時間はすべての若者から「それ」をもれなく奪う。そのとき物語は春から晩夏、青から赤へ。少年たちは世界が照柿のような夏色であることを、おろちが先に見ていた風景を知ることになります。果たして、そこにはどんな生き物がいたというのか。(結末はジャケを見たってください)

こんな物語を全17曲のロック・オペラ調に仕上げてみました。肝心の音楽面では、ゲストにCarl Stone、Gorvenment Alpha、Dag Shen Ma、Frosen Pine、Conceal、Liftmanなどを迎え、たしかにいつもどおりの頭痛い世界を展開しているに違いないのですが、こころなしか、いつもより楽園志向でほろっと泣ける曲が多いと思います。

リリース元は、MuslimgauzeやMick Harris, Swans、Acid Mother Templeなどをリリースするポーランドの老舗インダストリアルレーベル、Vivo Recordsです。
「こんなゴツゴツなレーベルから1曲めに『ラ・ブーム(知ってはりますか? アイドル青春映画の金字塔ですよ)』の主題歌カバー入ってるCD出せるなんて、非常に光栄です。ツタヤに置いてなくても探せばどっかにある筈。(ugh)」


Vivo Recordsはこちら
スポンサーサイト
Posted by helen
comment:2   trackback:0
[Satanicpornocultshop]  thema:音楽 - genre:音楽
comment
申し訳ございません。
サタポの新譜「Oroch Under The Streigt Edge Leaves」はHMVやDisk Union等では12月25日発売なのですが、Nu NuLAX NuLANでは入荷が遅れております。既に多数、ご注文いただいているのですが、発送がまだまだ遅れそうです。 ご迷惑おかけします。
2005/12/26 01:41 | | edit posted by helen
*ここで全曲視聴できます!
http://www.juno.co.uk/products/205472-01.htm
2006/03/01 22:35 | | edit posted by helen
comment posting














 

trackback URL
http://nununun.blog5.fc2.com/tb.php/89-92e12ccd
trackback