スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by helen
コメント(-) 
[スポンサー広告
5月13日の夜ヌンは、「憲法第三章、国民の権利と義務。」をお届け
連休明けで頭ボワ~っとしてるというか、人生の連休明け&不治の5月病にこの世をさまよう、そんなあなたのための毎度おなじみ流浪の番組「夜のヌーヌラックスヌラン」。先月の春爛漫、身内DJの選曲によるダレ気分に引き続き、今月はサタポのughによる陰鬱でめんどくさい選曲でお送りします。

次回の夜ヌンは放送は5月13日(日曜日)、サタポのughがお届けする小粋なひと時「憲法第三章、国民の権利と義務。」で日本の法律について勉強しましょう! 日本ではお昼の13時、ニューヨークはradio23.orgでお待ちしてます~

お楽しみにネ ^(・ω・)^!


クリックしてもろても大して大きくなりません

日本での放送日時:
2012年5月13日(日)
13:00-14:00 第36回 サタポのughがお届けします『憲法第三章、国民の権利と義務。』
上記時間に http://radio23.org/listen.m3u にアクセス!

nunulaxnulan Twitter

■今月の言葉「日本国憲法第3章」
憲法上保護される権利を規定するもので、人権カタログと呼ばれる。また、併せて国民に課される義務を列挙するものである。章全体の構成としては、人権に関する総則規定群(第10条ないし第12条)、各種権利および義務に関するカタログ的規定群(第13条ないし第30条)、刑事訴訟関連規定群(第31条ないし第40条)の規定に大別される。これらの中で特異な点は、最後の刑事訴訟法的な規定群である。これらの規定は本来であれば、刑事訴訟法により規定されるべき細目規定も含まれるものであり、憲法のこれだけの条数をかかる規定に割いていることは異例と言える。これは刑事訴訟手続が個人の権利の侵害に直接つながるものであることから、詳細な規定を憲法において強く保護しようとする意図の現われとして捉えられる。(ウィキペディア)

スポンサーサイト
Posted by helen
comment:0   trackback:0
[ラジオ番組「夜のヌーヌラックスヌラン」
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nununun.blog5.fc2.com/tb.php/399-195d0a14
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。