スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by helen
コメント(-) 
[スポンサー広告
悪魔大根の新作はピエールアンリへのオマージュ
前作「Brazil99」が好評だった悪魔大根が、はやくもnejiでの2枚目をリリース。今回は"ミュージック・コンクレート界の巨匠、ピエールアンリが1967年に発表したアルバム"Messe pour le temps present"への現代版オマージュ"!!

今作は2000年より粗大ゴミから拾ってきたラジカセを使って音楽活動を始めた大根にとっては、ひとつの節目となる内容です。歌謡曲、70年代フォークソング、HIPHOP、円広志等のごった煮のサンプリングコラージュを中心に、元阪神タイガース"代打の神様"八木裕の応援歌のリミックス、壊れかけの電子音ノイズ、SatanicpornocultshopのFrozenPine直伝のハナモゲラップなどなど、いつにもましてハチャメチャな内容となってます。 

Akumadaikon Messe Pour Le Temps Present (in Osaka) (neji-113)
daikon-messe-jake-omote.jpg

■Tracklisting
01.eureka
02.ukiuki
03.holy wars work shop
04.bill
05.artzoy
06.DAbarutan
07.shazappa
08.yagi hiro4
09.masuda kobushi
10.sakura
11.minimal bigbeat
12.papuwa bombaie
13.tonde&mawatte
14.Thank you,sorryMatti
15.dorama

Papuwa Bombaie! by AkumaDaikon

Messe Pour Le Temps Present (in Osaka) -DEMO MIX by AkumaDaikon

■お買い求めはコチラ→ヌヌヌンショップ

■ (情報窓口)サキイカブログ

■レビュー
他愛の無い日常である。食費を削る為に1日三本のカロリーメイトで過ごしている、そんな毎日である。浮いた食費は全て趣味の植木に回している。サボテンは良く育つのに、私の身長はまだ止まったままである。そんなジレンマを感じながら、今日も日課であるヘッドバンキングの練習をしている。

ストーリーオブテラーとは誰の言葉だったのか思い出せないが、そんな事はどうでもいいかも知れない。大切なのはサンドバックの中身が漏れないか心配する事だけであり、それは歯医者に行くくらい重要である。その気持ちを歌にしたのが"sakura"である。

大根というヤツは兎に角キムチにだけは人一倍うるさい。これにはもうトラックの運転手である私の旦那も既にうんざりしている。口を開けば7時間はキムチと靴べらの関係性について語る。あまりにも苦痛だったので私達は思わずコサックダンスをマッチの顔真似で踊ってしまった。そんな私達を横目にヤツはうなぎの繁殖に1人夢中だ。理科室で。"ThankYou,SorryMatti"はその時実況録音した音源を元に作られている。

以前、室町時代に旅行に行った帰り道、宙に舞う大型のティンパニーを目撃した。私は初体験だったのであまりわからなかったのだが、通りすがりのモンゴル人が言うにはこれは神様で五木ひろしとは親戚関係であるらしい。早く素直になれればいいな、と心の何処かで思いながらモンゴル人を無視して足蹴りを食らわし、そそくさとその場を後にした。生の牛乳は胃に悪い。

前置きが長くなったが、このアルバムのテーマは"ミュージック・コンクレート界の巨匠、ピエールアンリが1967年に発表したアルバム"Messe pour le temps present"への現代版オマージュ"であるという本人談をここに記させてこの文章は〆させて頂く。
(解説:ホセ山崎/SAKIIKA主催)


It is daily life without the consideration. It is such every day that it spends with three calorie mates on 1st to reduce the food expenses. All the saved food expenses turn it to Ueki of the hobby. My height is still stopping the cactus was good, and to be brought up. I practice headbanging King who is daily work today while feeling such a dilemma.
I cannot remember whose words story of Teller was, but such a thing may do not matter. It is only to worry about whether the contents of the sand back do not leak out to be important, and, as for it, going is important for a dentist. It is "sakura" to have made the feeling a song.
Anyway, a guy called the Japanese radish is particular about only kimchi unusually. The Mr. who is the driver of the truck me already has already got tired to be able to be elaborate. I tell it about kimchi and the relationship of the shoehorn for seven hours if I open a mouth. We have too danced kazatzka by the face imitation of the match unintentionally because it was pain. As for the guy, one is crazy about the propagation of eel in looking askance at with such us. In science room. As for "ThankYou,SorryMatti", it is made the sound source that did a live recording then by the cause.
I witnessed the large-scale timpani which flew in a way back, the sky where I went to for a trip before in the Muromachi era. Because it was the first experience, I did not understand it very much, but this is God so that a passing Mongolian says, and Hiroshi Itsuki seems to be relative relations. I let I ignored the Mongolian while thinking somewhere of the heart when you should have been used obediently and drink a foot kick and left the place hastily early. The raw milk is bad to a stomach.
An introduction got longer, but the theme of this album lets you write down by person himself to be modern version hommage "to album "Messe pour le temps present" which great master of the "music conk rate world, Pierre Henri announced in 1967 here and will close this sentence.
(a commentary by Jose Yamasaki /SAKIIKA sponsorship)
スポンサーサイト
Posted by helen
comment:0   trackback:0
[悪魔大根
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nununun.blog5.fc2.com/tb.php/301-ee322c36
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。