スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by helen
コメント(-) 
[スポンサー広告
サイバーアーツジャパン - アルスエレクトロニカの30年
メディアアートの世界的祭典「アルスエレクトロニカ」の30周年を記念し、日本のアート&テクノロジー、メディア芸術領域の特集展が東京都現代美術館で、3月22日まで開催されています。実は、Satanicpornocultshopもデジタル・ミュージック部門でHonorary Mentionsに選ばれたことがあるのですが、今回は、残念ながらデジタルミュージック部門は展示の対象にはなっていない様子…。でも、かなり面白い歴代の受賞作品が展示されているので、もう少し暖かくなったら足を運んでみてはどうでしょうか!

ars_tokyo_30.jpg

■文化庁メディア芸術祭協賛事業
「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30年」
・日時 2010年2月2日(火)~3月22日(月)
・会場 東京都現代美術館 企画展示室地下2階・アトリウム

展覧会概要
文化庁メディア芸術祭協賛事業「サイバーアーツジャパン-アルスエレクトロニカの30年」

メディアアートの世界的祭典「アルスエレクトロニカ」(オーストリア・リンツ市)の30周年を記念して、日本のアート&テクノロジー、メディア芸術領域の特集展を開催します。
1979年の創始以来、同フェスティバルは、冨田勲、坂本龍一+岩井俊雄や明和電機ら多数の受賞・参加によって日本と深い絆で結ばれています。本展は、フェスティバルへの参加作品群を中心に、芸術/科学・テクノロジー/社会を結ぶ新たな可能性を探ります。
本展では、アルスエレクトロニカ・リンツ後援のもと、30年の歴史を物語る貴重な映像や作品資料が初めて展示されます。約25プロジェクト・50作品による展示は複数のパートで構成されています。歴代受賞者らによる展示や、本年度受賞作品のほか、アルスエレクトロニカ・センターとの企画連携(デバイスアート展)、リアルタイムでリンツと東京会場を結び、Museum of the Future(未来の美術館)を考え、解体再構築するネット・プロジェクトも試みられます。さらに、文学作品の視覚化、デジタルパブリックアート、宇宙芸術などのハイブリッドな新領域を題材に、話題のメディア芸術/メディアアートが呈示されます。
本展は同時期開催の文化庁メディア芸術祭(国立新美術館)の協賛事業として、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]など国内関連施設と企画連携して展開されます。同時期開催のMOTコレクション展内「実験工房」展示や「バガボンド」作者・井上雄彦による大壁画「エントランス・スペース・プロジェクト」と併せて、メディア芸術領域の現在形や先駆者たちの姿を探ります。参加体験型の作品群、イベントや上映作品を通して、本展は「日本の表現力」とは何かを再考し、次世代に向けて考える貴重な機会となるでしょう。

初期の貴重な資料映像 日本初のアルス特集展
本展は、日本で初めて、世界最大規模のメディアアートフェスティバルとして広く知られるアルスエレクトロニカの歴史と現在について、日本との関わりを中心に紹介する特集展になります。
この領域において、早期から、いかに国際社会に向けてすぐれた作品が日本から発信されてきたか、過去30年にわたり、その卓越したイマジネーションの記録を見ることができます。

歴代受賞作品群の紹介
グランプリの8部門のうち、オーストリア国内対象の「u19」と論文賞「メディアアートリサーチ・アワード」を除く各部門(コンピュータアニメーション・Film・VFX/インタラクティブアート/デジタルミュージック/ハイブリッドアート/デジタルコミュニティ/ネクスト・アイデア)の歴代受賞者による受賞作・近作・新作を展示します。楽しい参加体験型作品、静謐な美しさ、作品に込められた社会的メッセージや多様性の表現を体験することができます。

日本の表現力をあらわすインスタレーション
ヨーロッパのミラノサローネ、アメリカのACM SIGGAPH(シーグラフ・全米電算機学会)でも評価され、かつて「小さな対象に魂やわざを込める」と評された「日本の表現力」とは? センター美術館と同時開催中の「デバイスアート」プロジェクト(参加:岩田洋夫/八谷和彦/明和電機/クワクボリョウタ/児玉幸子/稲見昌彦)展示や、今年の受賞作品を通してその姿を考えます。

スポンサーサイト
Posted by helen
comment:0   trackback:0
[告発ガーデン(総合)
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nununun.blog5.fc2.com/tb.php/273-ade13cc7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。