スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by helen
コメント(-) 
[スポンサー広告
Frosen Pineが初のライブ盤 "LIVE!!! LIVE!!! LIVE!!!"をリリース!


Frosen Pine "LIVE!!! LIVE!!! LIVE!!!" (neji-173)
ばきりノすのガッキーさんが録音してくれた結音茶舗のFrosen Pineさんソロライブ盤!! サタポのズンパイさんとは一味違う石田純一バリにアーバン☆ロマンス炸裂&バリうまエレキが大噴火!もうサタポ聴く気せーへん。

live recordings at 結音茶舗 Osaka September 22nd 2015
vocal, keyboards, guitar, bass, programming by Frosen Pine
drums, engineering by Koeda

all track produced by Frosen Pine
except track1&3 co-produced by tmsgksk
track5 additional remix production by ugh/Satanicpornocultshop

recorded by Miyuki Nakagaki
art direction by ugh

■ナイス・レビュー by 小枝
Frosen Pineの歌やラップはハナモゲラでほぼ即興だ。おれの中には歌詞があると言う。特に何かに書いてるとかではなく、サビやフックなど決まってるところも聞く度に微妙に変わったりする。しかし普通に考えると、即興で日本語でラップすることはムズいと思う。ラップは歌よりも高速で、ぎしぎし言葉が詰まってるし、言葉尻を揃える韻や、小節に言葉をはめるフローとか色いろある。制約が多い。それに加えストーリーや説明的にするなど、伝えることを親切にすれば更に難しくなり、破綻しそうな脆さもすぐに露見する。意味の無いインチキ言葉、ハナモゲラは紙に書くこともできない。即興の世界にしかない賜物であり、そんな制約は全く無い。一見すると騒がしさと熱量は同じように高めだ。何者にも向けられていないフォームには入り込む余地は無く、ただ何かに似たそれは、目新しさの無い既視感と捉える向きもあるかもしれない。手法的に言ってしまえばそんな感じだが、Frosen Pineはとても芸達者である。シンガーにフューチャリングしたラッパーという、いかにも商業的な構図も、全部1人で出来てしまうという理由で、歌もラップもワンライナーに華麗にキメる。過去に見た何かを元にして、メタ的に組み上げる。現実にありそうなものをハナモゲラでなぞった、仮定や架空の産物である。またその端々には、シャーマンというか子どもの寝言みたいなものが、不意に断片的にカットアップされる。モノマネとカスタマイズと1人遊びのやり過ぎが辿り着いた未踏の境地、その全てがかっこいい。(Takeshi Koeda)


スポンサーサイト
Posted by helen
comment:0   trackback:0
[Frosen Pine
夜ヌン☆第51回目放送のお知らせ
ep51.jpg

日本時間で10月3日の土曜日の朝6時から、フランスのCrock Radioで夜ヌンが放送されます。秋らしいしっとりした内容でお送りします。
http://www.crockradio.com

The Voice of Cassandre Mixtape
"yoru no nunulaxnulan ep.51" will be aired : France October 2nd (11 pm/paris time) on http://www.crockradio.com
#‎yorunun


Posted by helen
comment:0   trackback:0
[ラジオ番組「夜のヌーヌラックスヌラン」
2080 MajiYabai Japan Tour 2015
2080_1005.jpg

++++2080 MajiYabai Japan Tour 2015++++
昨年、Julie WataiやSatanicpornocultshop(サタポ)など日本人アーティストとのコラボレーション作品を含むピクチャーレコード「ElectroChipDiscoPop EP」をリリースし、フレンチ・エレクトロ界隈でもっとも「カワ(・∀・)イイ!!」をゲットしたチップチューン・ガイ 2080が再来日!前回のツアー時でのエレクトロ壊し屋兄弟 dDamegeとの共演も記憶に新しい旧グッケンハイム邸に再びやって来ます!
 
今回は、日本随一のJuke/FootworkレーベルBootyTuneを主催し、トラックスマン率いるシカゴのDJクルーTekkDJ'zにも在籍するDJ/トラックメイカー D.J.Fulltono、高速ハナモゲラップとマナーの悪さだけは日本一の覆面ジューク/フットワーク集団 Satanicpornocultshop、欧州エレクトロディスコmeets70年代アングラフォークを園芸スタイルで地道に表現し続けて80年のベテラン DJ☆悪魔大根がニッコリ お・も・て・な・し。
 
戦後70年を迎えた日本の晩秋…。フレンチ・エレクトロ、シカゴ・ゲットーテック、大阪☆暗黒フットワーク、園芸ヴェイパーウェイヴなど、今最も先鋭的な個性が神戸塩屋の洋館でぶつかり合います!!
 
会場:旧グッケンハイム邸 | 神戸塩屋の洋館
開場 / 開演 19:00 前売り / 当日 1,500円
 
■■Live/DJ■■
 ☆ 2080 (from France) (DaiPop)
 ☆ D.J.Fulltono (BootyTune, Tekk DJ'z)
 ☆ Satanicpornocultshop (nunulaxnulan, Some Bizzare Records)
 ☆ 悪魔大根 (nunulaxnulan, サキイカレコーズ)
 
info: http://www.nedogu.com/

[出演者]

2080(DaiPop)

フランス人、エレクトロ・アーティスト、プロデューサー。 また、モーションデザイナー、ピクセル・アーティスト、クリップビデオ監督の2080(ニセンハチジュウ)。 今まで、EPSを三枚リリースし、ビデオゲームのOSTやドキュメンタリー、クリップビデオをプロデュースしてきました。 クリエイティブな活躍だけではなく、年にフランス国内外で10本~20本のライブも毎年、行います。 2080は日本と深い関係を持ち、2013年に「Daipop」(ダイポップ)というレーベルを立ち上げ、日本とフランスのアーティスティックな関係を 築く目標としています。
今回の日本国内ツアーでは、Square Sounds Festival Tokyo 2015にライブが確定で、それから日本滞在中に、フィールド・レコーディングを行い、曲を作曲し、発表する予定です(ユニー クなライブ)。
●7日間の「ノマード・クリエイティブ・レジデンス」を行い、上記の「ユニークなライブ」を開催。 ●ライブの模様、日本のストリートライフ、日本人アーティストとの交流、クリエイティブ・レジデンスの映像を編集したドキュメンタリーを作る。 ●日本または日仏(アンスティチュ・フランセ、ビューロー・エキスポート、ヴィラ九条山、神戸の旧グッゲンハイム)の関係者、アーティスト、プロデュー サー、それから日本の企業(ナムコバンダイ)、レーベル、ディストリビューターとの交流。

151005-2080prof.jpg




D.J.Fulltono (Booty Tune/Tekk DJ'z)
DJ/トラックメイカー。レーベル「Booty Tune」を運営。また、シカゴのTRAXMANが主催するDJチーム「Tekk DJ'z」にも所属。大阪にてパーティー「SOMETHINN」を主催。Juke / Footworkを軸に Ghettotech / Electro / Chicago House等をスピン。Planet Mu、HyperdubのJuke関連作品の日本盤特典MIXCDを担当。スペインのConcept Radioにて発表したDJMIXでは、JUKEの中にテックスタイルを取り入れながら新たな可能性を模索する。タワーレコード音楽レビューサイトMikikiにて「D.J.FulltonoのCrazy Tunes」連載中。

151005-fulltono.jpg




Satanicpornocultshop (nunulaxnulan/Some Bizzare)
Satanicpornocultshop (通称=サタポ)は、マスクを被った1DJ & 2MCのバンド。ムダに長い活動歴を持つが、2011年から突如ジューク/フットワークに傾倒。以降はジュークをアホみたいに量産している。
Bandcamp: http://satanicpornocultshop.bandcamp.com/

151005-satapo.jpg




悪魔大根(nunulaxnulan/サキイカレコーズ)
西暦2000年、ゴミ捨て場で拾ったギターで活動開始。そして現在に至る。
Bandcamp: https://akumadaikon.bandcamp.com

img_AkumaDaikon.jpg

Posted by helen
comment:0   trackback:0
[告発ガーデン(総合)
「声と言葉」9/22(火) at 結音茶舗
9/22(火) at 結音茶舗
「声と言葉」
open18:30 start19:00 
ticket 2500yen(+drink 1order)
出演/Frosen Pine/辺口芳典/米子匡司+みやけをしんいち/なかがきみゆき/出店 イバシ+ヨ(ラス)

‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥ 

Frosen Pine
1970年代末にタモリらが流行らせた芸であるインチキ言語ハナモゲラを駆使する唯一無二のラッパー。小学校か中学校くらいでギターを始める。 中学の時に"JAZZ MAGAZINE"に載る(パット・メセニーの似顔絵を描いて)。 20才ごろRAPとDTMを始める。 05年、シャーマン的というか、RAPの内容が、おかしくなる。 自主制作アルバム『ユーノームセイン?』発表。 ブリコラージュ・ヒップホップ・バンド Satanicpornocultshoopのライブに参加。06年にはSatanicpornocultshopのメンバーとして正式参加。 その後2009年にラップは一切していないインストアルバム「Desktop Olympia」を発表。最近ではJuke/Footworkのビートに合わせラップを乗せ、精力的にライブ活動をしている。
11935149_603650066404743_1562803789781519380_o.jpg

‥‥‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  
辺口芳典(へんぐち・よしのり)
詩人。2000年 Wasteland誌にて作家デビュー。2006年 写真新世紀優秀賞を受賞。2011年 デュッセルドルフ市のゲスト・アーティストに選出され「ANTI FOTO」展覧会に参加。2014年 シアトルの出版社“Chin Music Press”から日英バイリンガルでの詩集「LIZARD TELEPATHY FOX TELEPATHY」が出版される。2015年 アーティスト イン レジデンス プラン「Double Good Artist in Residence」を企画、10月16日より、シアトルを拠点としアメリカの西海岸の都市で、詩×現代美術×音楽のパフォーマンスが予定されている。
10854908_603648319738251_4718722160691393956_o.jpg

‥‥‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  
米子匡司
音楽家。トロンボーン、ピアノ奏者。プログラマ。楽器/電気/コンピュータなどを使って、ライブイベントで音楽を演奏したり、展覧会などの形で音を含む環境の制作や展示をしたり、音を扱う道具の制作(たとえば友人の家に玄関チャイムを作ったり)などを行っています。音楽以外の最近の活動としては、自分や誰かの作ったCDや服や本やその他いろいろな物品をストリートで販売するための自動販売機の製作と設置。人が見聞きした事とそれについて考えた事を書くための紙とウェブの雑誌[余所見]の発刊。シェアハウス・お店・上映室などの複合建物[PORT]の運営。住居兼オープンスペース[FLOAT]の運営などをしています。グループワークとしては、SjQ(cubicmusic/HEADZ)、およびSjQ++メンバーとして活動。同グループにて2013年アルスエレクトロニカ・デジタルミュージック部門優秀賞を受賞。
---
近年の主な展覧会は以下の通りです。
「街の道具・その他のこと」(梅香堂 / 大阪 / 2011)
「可塑的な抵抗」(ギャラリー@KCUA / 京都 / 2011)
「SPRING - 日常」(梅香堂 / 大阪 / 2012)
「モニターとコントローラーの向こう側へ - 美術 とテレビゲーム -」(neutron tokyo / 東京 / 2012)
「岡山芸術回廊」(玉野市宇野港東山ビル / 岡山 / 2012)
「squash domain」(ギャラリーPARC / 京都 / 2013)
「まほろば荘」(新・福寿荘 / 大阪 / 2013)
11942109_603648876404862_6412433585131739698_o.jpg

‥‥‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥ 
みやけをしんいち
市井の人。時折ソプラノサックスとかを演奏。2000年より大原裕ブラスバン ド"Live!Laugh!"にて公の場での演奏を始める。その後色々。現在は自身の楽曲 を複数のミュージシャンのサポート受けながら演奏させてもらう行楽猿(KOURAKUEN)での演奏が多い。鋭意休止中だった鈴木勝氏とのデュオ"melagukan(ムラグカンと読む)"は、10月 に4年振りに演奏の予定がある。最近は持ちつ持たれつ、米子匡司氏との演奏も 多い。他にアキビンオオケストラ、音遊びの会など。合奏の会主宰。
11998817_603649136404836_8759915813392373890_n.jpg

‥‥‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  
なかがきみゆき
唄うたい。2003年に「ラスとガキ」二人によるほぼアカペラユニット「ばきりノす」で活動を始める。2012年9月に1st アルバム「まほろば山の唄うたい」リリース。
12003366_603650106404739_7625889760281341463_n.jpg
 
‥‥‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥‥ 

出店 イバシ+ヨ(ラス)

ラス Ras
1978年 大阪府出身、京都在住。すぐ近くのどこかにいるモノたちを描いています。CDジャケットや、壁画、ポスター、チラシなどの制作や、アクセサリー、マグカップ、地下足袋、靴などのラスグッズを制作しています。お仕事のご依頼などはメールでおねがいいたします。web shopにてラスグッズなど販売中です。唄うたい「ばきりノす」の1人でもあります。
http://www.ibashiyo.net/
http://ibashiyo.buyshop.jp/
Posted by helen
comment:0   trackback:0
[Frosen Pine
[new release!!!] Satanicpornocultshop "Faucet Zero (neji​-​172)"
サタニックポルノカルトショップの放つ渾身のボディーブローNEW アルバム。ドスンときますぜ。




Posted by helen
comment:0   trackback:0
[Satanicpornocultshop
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。