サタポ、ニューアルバム「AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!!」をリリース!
浪花ジュークの帝王Satanicpornocultshopが2枚組ベスト盤「AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!!」を1月19日にリリースします!

NUCD4856_4857.jpg
SATANICPORNOCULTSHOP - AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!!
Release Date: 19 Jan 2013
Format: 2CD Album
Label: neji/nunulaxnulan
¥1,919 / $19.00

■お取扱い
Inpartmaint SOLDOUT
P*dis SOLDOUT
Tower Records SOLDOUT
Amazon SOLDOUT
HMV SOLDOUT
DiskUnion
diskunion下北沢CMS
JAAPAN
BimboTower,Paris
UP Kobe
つむじ美容室
コバコバー SOLDOUT
Satanicpornocultshop Bandcamp SOLDOUT


シカゴ発の最新型ダンスミュージック、Juke/Footworkスタイルを本気で取り入れ、ジューク界隈を騒がせているサタニックポルノカルトショップ (Satanicpornocultshop) が、2011~12年にかけてBandcampでリリースした9枚のepとアルバムから選んだ、44トラック2枚組ベスト盤をリリース!

問答無用に切り刻まれるサンプリング、時に奇怪に響く鮮烈なシンセ&強烈なベースサウンド、ポリリズムの変調を駆使した厄介なリズム構成、無造作にバラ撒かれたように響くハイハットは聴けば「サタポや!!」と一発で分かるほど特徴的。この奇天烈な刻み方をするビートこそ、フットワークで遊ぶ楽しさを追求したシカゴのダンス・カルチャーの結晶そのもの。特に、どのタイミングで考えついたか想像つかないフレーズをハナモゲラップで聴かせるMC Frose Pine の軽妙な言葉選びのセンスはヘッズの間で合唱が起きるなど、久々に現れた挑発に満ちたダンスミュージックにいま、熱い注目が集まっている!!

[A-I]
01. aaa!!!!! ghostbusters!!!!!
02. act
03. adult rice cake
04. apache
05. bad_job by Poncho+Casino Tart (Frosen Pine vocal mix)
06. battle creek brawl (footworkin' for jamaica)
07. behind da mask
08. borrrn sleppy
09. cannibis†a
10. cracker, remix
11. die 4 uuu
12. (don't have to be) human (Frosen Pine vocal mix) new mix
13. effect in the ass
14. everybody loves the sunshine
15. hapines
16. heather by Plapla Pinky (remix by Satanicpornocultshop)
17. hellasick
18. hum actor feat. Akumadaikon
19. here's to life
20. incredibele tits
21. into battle…

[J-Z]
01. jaguarrr
02. Jesus, joy of man's desiring
03. lfo (lonesome flying object)
04. let me see it by Ynfynyt Scroll (remix by Satanicpornocultshop)
05. mood_indigo
06. my_megadrive by 2080 (remix by Satanicpornocultshop)
07. nah-nah
08. nuclear
09. nudis†a
10. ozzzy
11. powder sheet
12. remake
13. (robo) tonita
14. Salo o le 160bpm di Sodoma
15. septemberrr feat. Orrorinz
16. 7' inchs or more…
17. spastika
18. strings'O'life
19. suicide
20. summer nerves
21. sunshine baby
22. wipeout
23. zzz… ghostbusters…

All tracks are produced by Satanicpornocultshop, except "bad_job", produced by Poncho+Casino Tart "heather", produced by Plapla Pinky (Sonore) "let me see it", produced by Ynfynyt Scroll (#FEELINGS) "my_megadrive", produced by 2080 (Gourmets Recordingz).
Illustration by Nimura Daisuke.
Cover photograph by Yoshida "Dicapn" Daisuke.

no-complaints-no-regrets-1024x742.jpg
Satanicpornocultshop(通称=サタポ)は、ジュークのルーツであるシカゴの土着的な側面を、日本でアップデートしようと試みるマスクを被った1DJ & 2MC の Juke バンド。フランスの Qwartz Awards や、アルス・エレクトロニカのデジタル・ミュージック部門で優秀賞に選ばれる一方、ノイバウテンやデペッシュモードを輩出したイギリスのSome Bizzare と契約するなど、どっちへ転がるかわからない神出鬼没な活動を常に展開、このままUK路線一直線かと思いきや、2011年からシカゴのゲットーテックに傾倒し、わずか2年の間に7枚のEPと2枚のアルバムを自身のbandcampでリリース、一気に日本を代表するジューク/フットワークアーティストに名を連ねるように。昨年8月にリリースしたフルアルバム『Battle Creek Brawl』ではテクノ、ハウスのみならず、ダブステップやヒップホップなど多方面から高い評価を得て異例のヒットを記録。MC Frosen Pineのハナモゲラップにフットワークや暗黒舞踏、奇妙なアートを盛り込んだライブには定評があり、いま最も夏フェスへの出演が期待されるバンドのひとつ。

Satanicpornocultshop's "AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!!" *promo mix by ugh キャンペーン用ミックスCD (サンプル) by Satanicpornocultshop

AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!! by Satanicpornocultshop

***************************************************************

長い活動歴を持つサタニックポルノカルトショップだが(以下サタポ)、2011年から突如ジューク/フットワークに傾倒して以降はジュークを量産し、ここ約2年間でEPを7枚、アルバムを2枚リリースしている。そのEP/アルバム群からチョイスしたトラックを集めた2枚組ベスト・アルバムが、本作『AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!!』である。
ジューク/フットワークに傾倒してからの音楽性は、正直一言で表すのは難しい。例えば、同じくジュークが盛りあがっているイギリスの場合、"一要素"としてパーツ的に取りいれたり、ジェームズ・ブレイクのようにエクスペリメントな視点から解釈を試みようとするのがほとんどで、シカゴ産ジュークにあるボディリーな快楽性や土着的要素はかなり薄いと言える。それに比べると日本のジュークは、よりシカゴに忠実というか、シカゴ産ジュークが持つ快楽性を抽出し、それを独自解釈したものが多い。エイフェックス・ツインも泣いて逃げだすであろうハチャメチャなビート、一度聴いたら耳にこびりつく強烈なベースやシンセが特徴的なサタポのジュークも、シカゴ産ジュークの快楽性を"独自解釈したもの"だと思う。
そしてサタポは、独自解釈の過程で様々な音楽的要素を吸収し、それらをぶっ飛んだセンスで見事に切り刻んでいるが、このセンスに皮肉のようなものを感じとってしまうのは深読みがすぎるだろうか。80年代エレ・ポップ、UKガラージ、オールド・スクール・エレクトロ、ヒップホップ、ハウス、ダブステップなど、その"音楽的要素"はいくらでも指摘できるが、そうした批評家の当てっこ合戦をあざ笑うかのように、サタポは溶解的ジュークを鳴らしている。その溶解は"言われてみればそうかもしれない"というレベルにまで達しており、それは論理に白旗を振らせると同時に、"面白ければそれでいい"という究極の快楽主義に聴き手を導いてくれる。言ってしまえばサタポは、"面白いかそうじゃないか"という単純明快な志向を極め、それをエンターテイメントに昇華しているのだ。
サタポのジュークは、デカイ音で聴いてなんぼのフロア仕様なのは間違いないのだけど、音楽で遊ぶことの面白さを教えてくれるものでもある。だからサタポのジュークは、ジュークを追いかけている者はもちろんのこと、ジュークを知らない者でも"楽しい音楽"として聴ける。そんなトラックが44曲も詰まった本作は、日本のジューク・シーンが実らせた素晴らしい成果のひとつである。
(COOKIE SCENE/近藤真弥)
http://cookiescene.jp/2013/01/satanicpornocultshopatozalphab.php

関西発、ジューク/フットワークユニットの2枚組44曲のベスト盤。ジュークが持つ火山噴火的エネルギーだけでなく、オールド・ファンクやレトロ・テクノ・ポップなど幅広い引き出しを、いい意味で洗練されたセンスで聴かせる才はかなりのもの。パンクでやんちゃなサンプリング・センスも痛快で、本場シカゴでヒットしてもおかしくない。8 (ミュージックマガジン 2013年2月号)

Ugh Yoing ov Satanicpornocultshop made a promo mixxx in honor ov thee Japan group’s 44 track double album. Adv ghetto dance madness. ∞ BLAM.(Blam Blam Fever) blamblamfever.tumblr.com/post/39021093335/promo-mix-by-ugh-cd

去年から順調なリリースを重ねるサタポが、ベスト盤をフィジカルでリリース。 大ネタのサンプリング、時に奇怪に響く鮮烈なシンセ、どのタイミングで考えついたか想像つかない言葉… これらの要素に圧倒されると同時に人懐っこさを感じる。そう、Juke / Footworkユニットの西横綱のトラックはリスナーを笑顔にする。このベスト盤を聴けば、今言ったことが間違いなく分かる。ハナモゲラップで聴かせるFrose Pineの軽妙な言葉選びのセンス。これにはヘッズの間で合唱が起きるなど浸透を見せ始めている。無機質に、そして無造作にバラ撒かれたように響くハイハットは「サタポや!!」と聴こえたら一発で分かるほど特徴的。音、言葉でリスナーの聴覚を卍固め。サタポのこれからの動向からホンマに目が離せませんで。いてこませ~♪♪♪(A)(2013年1月19日、全国発売予定)(kayano_soto 3) issuu.com/kayano_soto/docs/kayanosoto3

Satanicpornocultshopがjuke/footworkを作り出した流れで他のjuke聴いたりして、改めてサタポにうってつけのジャンルやなあと思った。元々持ってる独自のリズム感とコラージュセンスは全く変わらず、その上にjukeを得て大発芽した印象。(Asohgi)

Get your ero-sister's booty groovin' with Satanicpornocultshop's mashed-up Chicagosaka ghettotech album AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!!. Two CDs and 44 tracks of electronic assemblage fed with an intravenous injection of juke/footwork. If you don't OD on first listening, you'll savour the unique glossy sound of mastermind producer Ugh. Ugh has the uncanny ability to create rhythmical chaos, a destroy-to reconstruct-for-better-or-worse mentality. The double CD package brings together Satapo's intensive production from the last couple of years (2011 and 2012). Drawing on a plethora of scattered, mostly digital EPs, it includes remixes from Plapla Pinky, Ynfynyt Scroll and 2080.(Franck Stofer / Sonore)
jaapan.com/s/11652_157750_satanicpornocultshop-a-to-z-alphabetbusters

Mettez le booty de votre soeur en transe avec AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!!, album presse-puree ghettotech facon Chicagosaka par Satanicpornocultshop. Deux CDs remplis a ras bord d'un assemblage electronique nourri par intraveineuse de juke/footwork. Si vous ne succombez pas a la premiere ecoute, vous etes apte a savourer la brillance sonore du producteur / cerveau Ugh. Ugh deploie une incroyable capacite a creer le chaos rythmique : detruire pour reconstruire, pour le meilleur et pour le pire. Ce double CD rassemble la production intensive de Satapo entre 2011 et 2012 et eparpillee sur plethore de EPs numeriques. Ce set inclut des remixes de Plapla Pinky, Ynfynyt Scroll et 2080.(Franck Stofer / Sonore)
fr.jaapan.com/s/11662_157750_satanicpornocultshop-a-to-z-alphabetbusters

大阪発!マスクをかぶった3人組キテレツJukeバンド=サタニックポルノカルトショップが全曲初CD化となる2CDベスト盤をリリース!高速変速スカスカ小刻みビートと奇妙なラップが生みだす浪花ジューク・サウンドここにあり!!★★★★(HMV 週刊クラブ担当便り【1/15号】 )

Comment arriver à vous convaincre que ce monstre de disque est beaucoup plus qu'une énième connerie bastard mash-up plunderphonic truc? Qu'avant l'avènement de 2 Many Djs, d'Internet et des mashups automatiques de Psy et de Carly Rae Jepsen qui font 872000 écoutes sur soundcloud (sans dec'), le processus éminemment postmoderne de sampler / découper / lacérer / copier / coller / décalquer / détourner / redistribuer / deterritorialiser / réconfigurer / défigurer / detourner / morpher / transformer / retourner / habiter / posséder / déposséder / hanter / exorciser / cannibaliser / regurgiter littéralement ou psychiquement des lambeaux de musique préexistante pouvait avoir une vraie portée critique et esthétique, distractive et distrayante?
Ainsi Satanicpornocultshop, collectif dada, grotesque et électronique émergé de l'inextinguible bordel de la scène Osaka noise à la fin des 90s au sujet duquel on n'a jamais vraiment su s'il était pertinent d'essayer de bien comprendre quelque chose et qui a fait du collage et du pakuri assumé sa seule et unique raison d'exister. Frank Stofer du label Sonore, qui suit et soutient le projet depuis une éternité (et qui a eu la gentillesse de nous faire parvenir leur nouvel opus) résume parfaitement ce leitmotiv mystérieux: "Lorsqu’on découpe un ver de terre et qu’on assemble les morceaux dans un ordre différent, est-ce que cela reste un ver de terre ?".
Devenu quasi pop sur le papier suite à la mort d'Alan Folkroe et à l'arrivée d'un vrai "MC" et d'une chanteuse, le groupe n'a rien lâché de son amour du maelstrom enchaînant les disques et les mutations, glissant ses détournements dans les nouvelles formes au fur et à mesure qu'elles arrivaient sur le devant de la scène. Ainsi leur dernier trauma musical en date est le même que celui de Mike Paradinas de μ-Ziq et d'un bedroom producer électronique sur deux à travers le monde: la fameuse juke de Chicago, qu'ils martèlent et déforment en version baroque et oecuménique.
Derrière les coups de ciseaux et les martèlements incessants de toms synthétiques, on redécouvre avec plus ou moins de bonheur (plus ou moins de douleur) la theme song de Ghostbusters, Yellow Magic Orchestra ou Jean-Jacques Perrey ou une cohorte de classiques techno (Underworld, Underground Resistance, LFO, Derrick May). Et si on en parle, c'est que ces frankensteins de vers de terre n'ont effectivement plus rien à voir avec les bouts de viande qui survivent entre les coutures. Ce qui compte, si j'ose dire, ce sont les coutures elles-même.
Alors c'est sûr qu'avec 44 morceaux au compteur, de surcroît rangés par ordre alphabétique pour éviter les emmerdements, moins de dix personnes sur la Terre l'écouteront en entier; mais on vous assure qu'un petit bain prolongé dans ses monceaux et vallées a quelque chose d'étrangement ragaillardissant, comme ce moment après une après-midi sur BuzzFeed ou un bain un peu trop long dans une eau un peu trop chaude qui fait battre le coeur trop vite, où l'on relève la tête et où le Monde semble s'animer de nouveau sous une lumière nouvelle, plus vive, plus propre.(Olivier Lamm)
http://www.the-drone.com/magazine/satanic-porno-cult-shop-atoz!!!!!-alphabetbusters!!!!/

Alguma vez imaginaram a confusão que vai na cabeça de um caixista das portagens, quando o seu turno acaba? Não deve ser fácil passar horas a ouvir excertos aleatórios de música saída dos carros de quem não tem Via Verde. Suponhamos, por exemplo, que uma hora na vida de um caixista envolve a escuta de três retalhos de Black Eyed Peas, dois pedaços de sermões de rádios evangélicas brasileiras, muita música techno do pior, vinte e duas partes diferentes da “Call me Maybe” e um minuto de Vampire Weekend partilhado pelo único condutor do país que ainda ouve isso. É muita canseira para a cabeça de uma só pessoa e o meu cálculo não deve estar sequer perto da barafunda a que um caixista está sujeito no seu trabalho.
Pois bem, esta nova compilação dupla dos Satanicpornocultshop é o mais próximo que estaremos de conhecer a rotina musical de um caixista japonês, que esteja habituado aos sons da eletrónica mais kitsch do seu país. Sim, este apanhado de um monte de raridades dos Satanicpornocultshop diz-se dedicado à faceta mais juke/footwork/ghettotech do colectivo, mas isso escrito em bom português significa só mesmo que podem ir ficando preparados para um caos musical absoluto. Ou seja, uma salganhada de 43 faixas que inclui tributos ao Macho Man, uma versão do clássico “Born Slippy” (dos Underworld) e todo um rol de patetices sem fundamento. Com este disco nos ouvidos, ficamos no lugar do crocodilo da feira popular que só sai da toca para levar com uma grande marretada. Essa é uma boa sensação durante 15 minutos, mas não para durar duas horas.(Miguel Arsénio/VICE)
http://www.vice.com/pt/read/musica-satanicpornocultshop
スポンサーサイト
Posted by helen
comment:0   trackback:0
[Satanicpornocultshop
1月13日の夜ヌンは諏訪山よしおさんのアセンション体験談をお送りします。
次回の夜ヌンは1月13日(日曜日)。「アセンション・プリーズ!」と題し、諏訪山よしおさんを迎え、ボワッとした音楽とともにアセンション体験の話をお送りします。日本ではお昼の14時、ニューヨークはradio23.orgから放送します。




日本での放送日時:
2013年1月13日(日)
14:00-15:00 第44回 "Ascension please!!!" by special guest: Yoshio Suwayama
上記時間に http://radio23.org/listen.m3u にアクセス!

Yoru no Nunulaxnulan ep.44 "Ascension please!!!" w) special guest: Yoshio Suwayama by Nunulaxnulan on Mixcloud



nunulaxnulan Twitter



Posted by helen
comment:0   trackback:0
[ラジオ番組「夜のヌーヌラックスヌラン」
DUBLIMINAL BOUNCE presents GHETTO MANNERS vol.3
CRZKNY”ABSOLUTE SHITLIFE” & Satanicpornocultshop “AtoZ!!!!!AlphabetBusterS!!!!!” [The Greatest Hits 2011-2012] Release Party

Soku2-2-721x1024.jpg

広島のDubliminal Bounceが主催するゲットーなパーティー"GHETTO MANNERS"にSatanicpornocultshopとOrrorinzが出演します。

CRZKNYとサタポのアルバムリリース記念パーティーとしてMADHOUSE nagarekawaにて2月2日(土)に開催。出演はその他、元HIGH5のMVJIMOB、Toy Soldier、DJ CobaなどのHiphop勢。JUKE×Hiphopな内容が繁華街☆流川で展開されます!

[出演]
■Jukeサイド
・浪速のJuke帝王Satanicpornocultshop(通称サタポ)&
・Jukeをバンドで表現するORRORINZa.k.a.orionza(祝初来広☆)!!!
・Juke界の低音キチガイCRZKNY!!!!(なんと最近ツイッターでKreayshawnに紹介されるという衝撃的な上り調子!!)
・広島のJukeレーベルDUBLIMINAL BOUNCE&GHETTO MANNERS主催でありながら今回がGHETTO MANNERS初ライブという衝撃のSkip Club Orchestra!!!



■Hip Hopサイド
・話題沸騰中の160or80公式応援歌の衝撃も鮮明ないわっくりん元HIGH5のMVJIMOB!!!
・リリースした「TOYBOX」が各地で絶賛&MVJIMOBに昨年末加入のToy Soldier!!!
・メロウからクラシックまで自在に操るDJ Coba!!

MVJIMOBとTOY SOLDIERのライブではアレの曲をあーしたりこうしたりと楽しみ盛りだくさん。Juke x Hip Hopな今回のGHETTO MANNERS、どこをとっても一級品のヤバさなので見逃し厳禁です!!!

*今回はライブメインのパーティーなので早めの開催時間となっております。お間違いないよう宜しくお願いします。

2013/2/2(sat) @ MADHOUSE nagarekawa (HIROSHIMA)
〒730-0028 広島市中区流川町7-6 (第5白菱ビル2階)
http://ameblo.jp/mad-miracle/
OPEN/START -19:00-
ADV:¥2000(w1d) DOOR:¥2500(w1d)


大きな地図で見る

Special Guest
Satanicpornocultshop(Nu Nulax Nulan)
ORRORINZ a.k.a. orionza(Nu Nulax Nulan)

Live
CRZKNY
Toy Soldier
MVJIMOB
Skip Club Orchestra

DJ
DJ Coba

Satanicpornocultshop(Nu Nulax Nulan)
no-complaints-no-regrets-1024x742.jpg
Satanicpornocultshop(通称=サタポ)は、ジュークのルーツであるシカゴの土着的な側面を、日本でアップデートしようと試みるマスクを被った1DJ & 2MC の Juke バンド。フランスの Qwartz Awards や、アルス・エレクトロニカのデジタル・ミュージック部門で優秀賞に選ばれる一方、ノイバウテンやデペッシュモードを輩出したイギリスの Some Bizzare と契約するなど、どっちへ転がるかわからない神出鬼没な活動を常に展開、このままUK路線一直線かと思いきや、2011年からシカゴのゲットーテックに傾倒し、わずか2年の間に7枚のEPと2枚のアルバムを自身のbandcampでリリース、一気に日本を代表するジューク/フットワークアーティストに名を連ねるように。昨年8月にリリースしたフルアルバム『Battle Creek Brawl』ではテクノ、ハウスのみならず、ダブステップやヒップホップなど多方面から高い評価を得て異例のヒットを記録。MC Frosen Pineのハナモゲラップにフットワークや暗黒舞踏、奇妙なアートを盛り込んだライブには定評があり、いま最も夏フェスへの出演が期待されるバンドのひとつ。

ORRORINZa.k.a.orionza(Nu Nulax Nulan)
Y0A3527_edt-1024x682.jpg
Taiki 50storm、SANgNAM、Comzoの3人により1995年大阪で結成。当初は主にミニマルなハードコア/パンクを演奏していたが、’00年頃よりラップトップコンピュータと生楽器の編成となり、テクノやエレクトロニカ、ブレイクビーツ、フリージャズなどあらゆる要素をごちゃ混ぜにしたスタイルに転向。その音楽性は米WFMUのレイモンドスコットの特集番組でトリビュート曲を紹介されたり、イギリスのdisco.r.danceからの作品にトラックが収録されたりと海外から評価が高く、様々な国のアーティストやDJとのコラボレーション、リミックス等も行っている。近年では最も早くからChicagoのJuke/Footworkのスタイルをバンドでの生演奏に採り入れ話題となっている。

CRZKNY
tumblr_mdh1ugBHGF1rjha0bo1_r1_1280-1024x1024.jpg
幼少の頃からピアノやクラシック音楽に触れたりせず普通に育つ。楽器が出来ないのとリズム感の無さを恥じてたところ雑誌のテクノ特集の記事を読んで驚いて高校生のときにバイト代で購入したオールインワンシンセで打ち込みを始める(のちに知り合いに無償譲渡)。サンレコにのっていたメルツバウの記事に影響されてノイズを作るためにibook購入。以後3年ほどノイズを作る。世間的にエレクトロニカが流行ってると勘違いしてそっちを作り始める。なんだかよく分からない音楽を作ってる内にBooty Music Japanで読んだJukeの記事にビックリしてJukeを作り始めSoundcloudに曲をたくさんアップする。12年4月に食品まつり氏と共同で「Japanese Juke&Footworks」コンピレーションを無料配信。36組45曲の盛り過ぎなインパクトでミュージックマガジンの「Juke特集」で紹介されたりする。原爆コンピ「Atomic Bomb Compilation」を無料配信。9月にはDubliminal Bounceから「REALSHIT EP」配信。色んな人のリミックスをする(ロシアのバンドやアメリカのTrap含む)。160OR80でラッパーの人たちとコラボレィトする。(自分の中で)待望の1stアルバム「Absolute Shitlife」を2013年2月に発表。

MVJIMOB
MVJIMOB.jpg
IWAAKLYNのHIGH5のメンバーを中心に構成されるナンセンス・ボーイズ! 広島のToy Soldierも加わり、あたかもサーカスでストッリップ・ショーを 観ているような、アクロバティックな珍芸に磨きがかかる。 JUKE×日本語ラップのコンピレーションアルバム「160or80」の応援歌『19の夜』も担当! 下ネタのK点越えを体感したら、あなたも病み付きになるかもね!!MVJI尻A$$!!

TOY SOLDIER
TOY-SOLDIER-1024x1024.jpg
2009年広島で結成。 強烈なキャラクターでリスナーを魅了するT-BLaZeと、 一度聴いたら耳に残る個性的なフロウが特徴のRuleからなる二人組。 HIP HOPを基盤にELECTRO/R&B/SOUL/ROCKからJAZZ/WORLD MUSIC/MPB etc…までも貪欲に取り込み アンダーグラウンドからメイン・ストリームを縦横無尽に駆け巡る柔軟な音楽性、 二人の息のあったライブ・パフォーマンスなど、一般層、アーティスト共に高い評価を得ている。 そして2012年に1st Album【TOYBOX】をリリース。

Skip Club Orchestra
DBLB-011-2-1024x1024.jpg
広島在住ササキタツヤのソロユニット。95年頃よりテクノやニューウェーブ・プログレッシブロックに影響を受け楽曲製作を開始、2002年”Skip Club Orchestra”としてライブ活動開始。2004年1stアルバム”“#1 2003-2004”リリース。2011年2ndアルバム”Leap & Stagnation”を自身のレーベル”DUBLIMINAL”(現在は”DUBLIMINAL SOUNDS”に改名)よりリリースした。 2012年Juke/Footworkに衝撃を受け、Juke/Footwork,Ghettotechをリリースするレーベル”DUBLIMINAL BOUNCE”とイベント”Ghetto Manners”を主催するなどJuke/Footwork道を邁進中。

Dubliminal Bounce
Posted by helen
comment:0   trackback:0
[告発ガーデン(総合)
VA - 160OR80
news_large_160or80.jpg

クラブミュージックシーンで現在注目されているジャンル、ジューク / フットワークをテーマに国内のさまざまなラッパーが集ったコンピレーションアルバム「160OR80」が配信リリース。1月28日からbandcampにて1200円で、2月1日からiTunes Storeにて1500円で発売!

ジューク / フットワークはシカゴゲットーハウスの発展系のジャンルで、高速のリズムと重低音が特徴的なダンスミュージック。今作では160BPMというハイスピードなビートに乗せて参加者たちがラップを披露。トラックを手がけたのは、DOMMUNEの特集番組などで日本国内に精力的にジュークを紹介したD.J.Fulltonoや、Satanicpornocultshop、HABANERO POSSE、Guchon(ぐちょん)など16組。ラッパーとしてPUNPEE(PSG)、Squash Squad、MARIA(SIMI LAB)、ECD、Campanella、仙人掌、あべともなり、Cherry Brownなどが参加。

V.A.「160OR80」収録曲

01. DUBBPARADE - Ask Your Ghost(instrumental)
02. Campanella - sullivan show Beat by Uncle Texx
03. 仙人掌 - HOODWORK Beat by CRZKNY
04. DJ SEKIS - Back In The Day(instrumental)
05. ECD - Far from Chicago Beat by D.J.G.O.
06. MVJIMOB - よいよせんないでよ〜知らんぃ〜や Beat by Klone7023
07. Cherry Brown - eMuY Beat by Guchon
08. DJAflow - crash(instrumental)
09. あべともなり - 産みの悦び Beat by 食品まつりa.k.a foodman
10. Squash Squad - industry Beat by Skip Club Orchestra
11. AIR BOURYOKU CLUB - 190000Co. Beat by HABANERO POSSE
12. trinitytiny1 - テ◯ビ東京社員寮 based on trill story 2009 03:20
13. Maria Feat. Dom York From SIMI LAB - Maria VS Jason Beat by CRZKNY
14. PUNPEE - Bad habit Beat by satanicpornocultshop
15. Carios & DKXO - year‐end tax adjustment Beat by PICNIC WOMEN
16. mikE maTida - HANASHI Beat by D.J Fulltono



bandcampでの購入者には特典として先着100名にWATAPACHIが制作した「Cherry Brown eMuY watapachi Remix」およびPUNPEEによる「limited Bonus Punpee Scatman(inst)」がプレゼント。

また今作の発売を記念し、1月15日にライブストリーミングチャンネルDOMMUNEにてトーク&ライブが行われることも決定。D.J.FulltonoとPUNPEEによるトークや、MARIA & Dom York(From SIMI LAB)、PUNPEE、AIR BOURYOKU CLUB、Cherry Brownによるライブなどが予定されています。

http://160or80.tumblr.com/

Posted by helen
comment:0   trackback:0
[Satanicpornocultshop
| HOME |